忍者ブログ
運命的に出会ってしまった彼・・・。 その彼との一部始終を詩なども交えてお話します。                                    彼と死ぬまで一緒にいられることを夢見て・・・


☆☆☆ ご覧いただきありがとうございます ☆☆☆

私と主人、そして彼との現在に至るまではこちらから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
クリック募金を設置いたしましたので、よろしければ右メニューのバナーから募金をお願いいたします。
どれも1日1回ずつ募金可能です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
左メニューにメールフォームを設置いたしました。
ご意見・ご質問など、ゆきっちにご用の方はお気軽にメールください♪
Category :
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


おそろしく長いのを覚悟してお読み下さいm(_ _)m



私には昔から気になって仕方ないことがある。

友達とかはいいんだけど、身内や恋人という大事な人が私のことを

どれぐらい好きがどうかがすごく気になる。


今まで付き合った人はわりとわかりやすかった。

それでもなんとなくは気になっていた。

でも彼はほんとにわかりにくいから、すごく気になる。

ひどいと言ってもいいぐらいに。


それと関連しているからか、私は自分に自信というものがない。

仕事に支障をきたす時も多々あった。

自信があるはずの仕事を、仕事仲間の誰かに見られてると

わかったりすると、それまで自信満々でやってた作業が

「これでいいのかな」と途端に不安になって、作業が遅れたり…。

そうなったキッカケはまた追々話すとして……



できることなら、こんな類のことは気にしないぐらいの自信のある

自分でいたい。

なのになぜこんなことがこんなに気になるのかということを

考えたことがあった。

するとすぐに1つのことが思い浮かんだ。



それは……


母のこと。



私は小さい時から母に褒められた記憶が全くない。



小学生の時はピアノと習字とそろばんを習いに行っていた。

行かされていた……かな。

でも、習った以上は母に褒められたいと思い、級を上げたいという

思いにプラスして負けず嫌いな性格だから、向いてないかも…という

ものでも自分なりに頑張った。


でも、どんなに頑張っても母は褒めてくれなかった。

がっくりすると共に、その思いは次第に不安に変わっていった。

    母は私を好きじゃないから褒めてくれないんじゃないか

と。


中学入学と同時に母が再婚する為今いる県に引っ越すことになり、

小学校を卒業する間際に母が

    「卒業までにピアノは○級、習字は1級、そろばんは2級とってね」

と言われた。

結果は……

全部ダメだった。

それがわかった時母は

    「やっぱりダメだったね」

と言った。

やっぱりってどういうこと?

最初から期待なんてしてなかったんだ…。


そして中学になり、今住んでいる県に引っ越した。

環境が変わったからなのか、中学からは習い事はさせられなかった。


私は男性の方が話が合うし、気楽な付き合いができる。

中学の時からそう。

だから、女の子からの評判は悪かったかも。

別に何か問題があったってわけじゃない。

友達の彼をとったとか、他にも例があるかもしれないけど、

とにかくそんな類のことをしたことはないんだけどね。


ただ……

彼氏が途切れずにいたり、ハガキで告白されたり、

いきなりプレゼントが届いたり…なんてことが度々あったからか、

ガチガチの世間体人間の母からすると私は汚点らしい。

私は普通にやってるつもりでも、今でもケンカをするとそんなようなことを

言われることもしばしば。



高校に入ってすぐ、家庭環境がイヤで2回ほど家出をした。

私は自分の苦痛をわかってほしかったのに、親の対応は

なおさらひどいものになった。

そして、兄弟の差別もひどくなった。


父の連れ子の兄と妹は、学校帰りに何をしてもおとがめなし。

自分のやりたいバイトを探し、何時に帰ってもよかった。


でも母の子の私だけは……

平日のバイトは禁止。

夏休みなどの長い休みに入る時は、もうすでにバイト先が決まっていて

有無を言わさずそこに行かされる。

いろいろ興味のある年頃にお小遣い5000円。

まっ、もらえるだけマシだから、文句は言えなかったけど。

その頃は前の旦那さんと付き合っていて、ちょっと家が遠かったから、

日曜だけ家に遊びに行ってたんだけど、電車賃が1回に620円。

月4回でお小遣いの半分以上が消える。

残りで友達との付き合い。

でも、その金額ではそうそう付き合ってられない。

だから、事情を知っててパイトで稼いでる友達がよくおごってくれた。



高校は商業高校で、そろばんの腕を試す時が来た。

小学校で3級までとってあった私は、先生に

   「授業きかなくていいから、適当に教科書進めてて」

と言われ、かなり暇な授業になった。

そして検定。

小学生の頃には理解できなかった文章題もすんなり理解でき、

2級をとった。

そしてドキドキの1級……

見事に合格した。

すごくうれしかった私は、家に帰ってすぐ母に

    「やっと1級とれたよ!」

と賞状を見せた。

母は言った。

    「やっととれたの?」

やっととれたの…

落ち込んだ。

小学校卒業の時に言われた言葉の屈辱を晴らそうと頑張ったのに

それの努力を見事に打ち砕かれた言葉だった。



小学生の時……

友達には褒めちぎっている母が、自分の娘には文句ばかり。

それに絶えられなくなった私はやけになってせっかく書いた宿題を

消しゴムで消した。

すると突然ビンタされた。

私なりに何がイヤだったか説明をしても、母が謝ってくれることはなく

いつも私にだけ謝らせる。


口ごたえしようものなら、私の話をさえぎって

    「子供は親の言ったことにただうんうんと言ってればいい」

と言われた。

わかってほしくてそれでも話を続けようとすれば、耳をふさいで

    「あ~~~~~~~~っ!!」

なんてことをいつもやられた。

それは今でも変わらない。

だから私はまた母につかみかかる。

その繰り返し。



一番苦い思い出は、小学校の読書感想文。

私が一生懸命書いた感想文を読んだ母は

    「これじゃあダメ」

と言った。

言われただけならまだしも、母は自分の言ったとおりに書き直せと。

私はその通りにした。

その結果……

入賞した。

そして、給食の時間に、校内放送でその感想文を読むハメに

なってしまった。

   これは私の文じゃない

と思って、すごくイヤな気分で読んだ。

帰って母に感想文を読んだ話をすると

    「ねっ!私の言った通りにすればよかったでしょ♪」

と、自分の作品が認められた満足感でいっぱいのようだった。

それを期に、私の中から自信が消えた。

それがトラウマになって、孤独な仕事はいいんだけど、誰かと一緒に

仕事なんてことになると、自信があるはずの仕事に急に

    「これでいいのかな」

などという不安が出てきてたどたどしい動きになり、結局再度仕事の指示を出され

プライドが傷つく……。

そんなことが多々あった。

それは仕事だけではおさまらず、公園、幼稚園の集まり、どこででも

顔を出す為、そんな自分に疲れてきた。

最近頻繁にある幼稚園のあまりでお便りを作る時もそれが出る。

スラスラ書いていても、誰かが急に私の書いているものを

じっと見つめていたりすると、途端に書いている手が止まってしまう。

その途端にみんなになんて書いたらいい?なんて聞いてしまう。

もうそんなのはやめたい。


母の態度のせいか、私は昔自分の意見を全く言えないで、後になって

人に迷惑をかけてしまう人間だった。

そんな自分に嫌気がさし、20代前半に自己流で自己改造を試みた。

こんな人になりたいという人を観察して吸収して…。

幸い意外と楽に成功し、その点では今はとても楽。

だから、自信の面でも改造しようと思っているけど、それはなかなか

うまくいかない。

でも、以前改造できたんだから…とちょっとずつでも変えていきたい

と思っている。



他にも書ききれないぐらいいろんなことがあった。


母は今でも褒めない。

私を認めない。

子育てにも理解がない。

自分は自分の親と同居だったからあちこち習い事などに行って

わたしをジジババと留守番させてたクセに、私がでかけたいと言うと

    「私の時代にはそんなこと考えられなかったのに…」

なんて平気で言う。


いつだったか、祖母にそれを確認してみた。

私の記憶が間違ってるのかと。

祖母は言った。

    「あんなに出させてあげたのに、そんなこと言うなんて…」

と。


私は母とのことでセッパ詰まると、母とのことを祖母に話す。

祖母は母の産みの親とは思えないような柔軟な人。

すごく大好きで尊敬している。


母は私に罵声と言っても過言ではない言葉をよく吐く。


この間一番最後にケンカした時、わたしなりに頑張っているという話を

していた。

そこからなぜか昔のことまで掘り起こされ、

私のはらわたを煮えたぎらせた。

最終的に母は、何の話にも関係してないのに

    「私のまわりみんながあんたのことどう思ってるか言うたろか。

     でもいくら頑丈なあんたでもいささか傷つくやろから、

     やめといたろか」

と言ってきた。

いつも私はしばらく我慢する。

でも、放っておくと母のグチグチは更にエスカレートしていく。

    「私だって一度ぐらい褒めてもらったり偉いって言われたい」

なんて言おうものなら

    「あんたのどこに褒めるとこがある?」

と言われてしまう。

そして私がいつも耐えられなくなり、母の髪を引っ張って抗議したりする。

そうなると父がいつも寝室から出てくる。

    「またなんやっ!」

と。

すると母は父に

    「この子今私のこと殺そうとした!」

と言ったりする。



父はたぶん母と結婚する時、こんな人だと思ってなかったと思う。



母は一時妹を標的にしている時があった。

    「あんたは何もできないバカな子だ」

みたいなかんじのことを、学校から帰ると始終言っていた。


ある時、結婚して家を出た兄以外全員でケンカになった時があった。

その時も父は耐えていた。

でも妹はこらえきれず

    「私…お母さん殺したろかと思ったこと何度もあるよ」

と言った。


ケンカはいつものように母のグチグチみんなが耐えられなくなり終わった。

私は母にいつも言ってきた。

    「私はまだいい。でも、自分の親が相手の連れ子の文句を

     言っていることがイヤ」

でも、それが全然わかってもらえなかったのを痛感した出来事だった。


その後父が私に苦しい胸のうちを言ってきた。

私は言った。

    「離婚してもいいよ。

     そしたら私お父さんについていくわ」


妹にもよく手紙を書いた。

    「私のお母さんがいつもあんなこと言ってごめんね」

と。

妹は口数が多くなく、何でも自分の中にしまい込む人だから、それを期に

私にだけは胸のうちを話してほしかった。

でもやっぱり妹から返事が来ることはなかった。


長くなったし寄り道もしたけど、母はそんな人。

お金ためるのはすこぶるうまくて、その点だけは尊敬する。

あとは尊敬には値しない人。



母はたぶんおそろしくプライドが高い。

だから、自分の間違いを指摘されると、平気で白を黒と言い換える。

そんなのは日常茶飯事。

母から謝るなんてもっての他。

だからたぶん褒めることもできない。


うちの実家はそんな母に振り回されている。

でも母は

    自分は世界一我慢していて、世界一偉くて、世界一かわいそう

だと思っている。

それを平気で口に出す。

だから私は

    「そんなことは自分で口に出すことじゃない。

     それに、そうかどうかは他人が決めること」

と言う。

すると母は決まって私に

    「裏切ったね」

という。

何を?

私が反論したり誰かのカタを持ったりすると必ずそう言う。

例えそれが家族でも。

    「私は平等主義者だから」

と言うと

    「へぇ。たいそうお偉いんだね、あんた」

なんて言う。


私と妹と父がなかよく話していたりすると、それにもなんだかんだ

言う時がある。

私が

    「家族だからさ」

と言うと、母は決まって

    「へぇ…あんたは家族だって思ってるんだ」

なんて言う。

もう家族になって20年がたった。

それでも母はまだ他人だと思ってる?



母の標的は家族だけじゃない。

母とすごく仲良く(見える)人すらも標的。

今まであんなに仲良く話してたのに……と思っている人でも

その人がいなくなればすぐに

    「あの人はあんなこと言って気が知れない。

     まったく……常識がない……」

と延々文句が続く。

    「直接言えば?」

と言うと、決まって

    「言えるわけないやろっ!」

と。

だから私は今まで母の代わりに動いてきた。

パパの実家と問題があった時もそう。

    「私は言えない」

と言うから、私が行こうかと話してそうなった。

そして私がパパの実家、祖父母の家にまで行き、

みんなに話をした。

その時私はプリンセス妊娠中。

    「こんな大事な時にこんなことしてちゃよくない」

と、行った先の人々が私の体を心配する始末。

話をしに行った結果、あまり良くなかったことを報告すると

母はこう言った。

    「あんたよくそんなみっともないことするね」

行けないって言ったから私が代わりに行くことにしたのに…と話すと、

今度は負けず嫌いが顔を出し

    「じゃあ私が行ってくるよ!」

実際行動を起こしたことは一度もない。



最近私は「母は病気だ」と思うようにしている。

そして……

人のせいにしてしか生きていけないかわいそうな人だと

思うようにしている。


そうじゃないと……

ここだけの話……


私が母を殺してしまいそう。


ちょっとこわかったですね…(-.-;)

自分の人生ボウに振りたくはないんで、大丈夫ですよ♪☆^(o≧▽゚)o



まっ、そんなこんなで、私は母に愛されているかどうかもわかりません。

だから、私が人に好かれているかどうかが気になるんじゃないかと。

それに……

彼に対して特にそうだけど、これはちょっと偉かったでしょ♪ってことが

あると、彼にそう言ってもらわないと気がすまない。

だからよく 

    「偉かったでしょ」

と言う。

すると彼は

    「うん。偉いな」

と言ってくれる。

半ば言わせたかんじ。

でも、それでもいいの。


誰かが私を認めてくれれば。


だから……


彼にもっといろいろ言ってほしいと思ってしまう。



すごく長くなってしまいましたが、そんなことを考えました。


みなさんは、人に愛されてるって自身ありますか?


 

PR

今日ももちろん連絡はお互い一切なし!

でも、うれしくないことに、旦那さんからは電話があった。



例の私の写メ…

昨日旦那さんが運動会中に撮り、早速彼女に見せたらしい。

彼女が私の写メ見たいと言った時、旦那さんは猛反対!

そしたら彼女が

    「それなら会わせて!」

と言い出し、旦那さんはしぶしぶ写メを了解。

で、私は写メを送ってくれとお願いされたわけなんだけど…


写メを見た彼女はやっぱり私に会いたいと言ったらしい。


話を聞くところによると……

私と彼女はいい友達になれそうなかんじ♪

だから私は彼女に会ってもいいと前から言ってるんだけど、

旦那さんだけがどうしても2人を会わせたくないと言ってた。

でも彼女は写メを見たにもかかわらず私に会いたいと言い、

旦那さんはようやく観念したようで……

まだ未定ですが、たぶん今月中には会うことになるでしょう。


でも……

なんで彼女は写メ見たかったんだろ。

写メ見たのに私に会いたいなんて言うんだろ。

なんか仲良くなっちゃいそうな予感がしてるから、私全部言っちゃうぞぉっ!!

彼女もいろいろ相談してきそうな子だし…

あ~楽しみ♪



でも、いささか子供達連れてくわけには行かないよなぁ…。


あっ、少し前に私はこんな提案もしたんだっけ。


私と彼、旦那さんと彼女の4人で遊んでみたいって。

彼に話したらただ「う~ん…」って。

旦那さんはもちろん大反対!

でも彼女はそれもいいと言ったらしい。

なんて似た者同士。


私と同タイプなかんじがするから、またうまくいかないなんてことに

ならないかと心配だけど、旦那さんいわく

    「細かいとこはお前と全然違う。

     だから、この半年でケンカは1回しかないし」

とのこと。


ふぅ~ん。

あんなにキレやすい人がねぇ…。


私も旦那さんにはなぜかずっと素でいられず無理してたとこあるのに、

彼とならめちゃめちゃ素でいられるし……



人間っておもしろいね!



なんて締めでいいのぉ?(ノ_ _)ノ



幼稚園と小学校関連でうちの家庭事情知ってる人は3人のはず。

幼稚園と小学校の先生にはもちろん話したけど、それは別として、

保護者では…

2人は私が話したも同然だけど、もう1人はPTAの会長にだけは…

と園長が話してしまった。


私が話したうちの1人の旦那さんが、私達の方を向いてキョトンと

しているのを見た。

たぶん

    「なんで離婚するんだろ」

なんて思ってたんじゃないかな。

なんとなくそんな顔してた。


私と旦那さんの話はついには体位の話にまで発展し、

お互い冗談言ったりして、旦那さんは私に何度も蹴りくらわすし……

見た目は仲のいい夫婦だった。


そしてちょっと良からぬことを思ったりした。

    やり直したどうなるのかな……

って。

でも、いろいろ想像してみたけど、どうにも旦那さんとはHする気には

なれない。

あのお腹がねぇ…(ノ_ _)ノ

それに、たぶんまたイヤなケンカを繰り返す。

でも、ひょっとしたら繰り返さないかも……なんて思ったりもした。

そして旦那さんは彼とは違って、思ったことをすぐ口に出してくれる。

ちょっとシビアなことも、いいことも、そして……好きな気持ちとかも。

そんなことを思い出しつつ彼と天秤にかけた。


彼ともケンカはする。

でも、旦那さんとのケンカの時より断然早く仲直りできる。

それに、こんな私に愛想もつかさずいてくれる。

「泣くな」と言うけど、泣いちゃった時は静かにおさまるのを待ってくれる。

口に出すのは苦手だからたまにイライラっ!としちゃうけど、

すごく包み込んでくれる感じがする。

それに、あの色気のある声、体……。


うまく言えないけど、やっぱり彼の勝ちっ♪☆^(o≧▽゚)o 


運動会が終わってから家族4人で出かけたんだけど、その時も

何ら問題はなく楽しかった。


親友が1人増えた。


そんな感じかな。



でも、私と旦那さんがちょっと真面目な顔して話したり、思わず熱が

入って話したりしてると、プリンセスはいつも

    「お願いだからケンカしないで」

という。

運動会でお昼食べてる時も言ってた。


プリンセスはとても感受性の強い子。

私と旦那さんの一番最悪な時期も、ティラノと彼と一緒に見てきた。

その時の私の荒れようやケンカを。


もうケンカしないよ!と言ってはいるけどなかなかね…。


プリンセス……

もうほんとに大丈夫だからね♪


    

プリンセスの運動会中の私と旦那さん。


何も事情知らない人達から見たらすごく仲良かったと思う。

彼女との話聞いたり、彼の話したり、そこから下ネタに発展したり…。


下ネタの最中で旦那さんが

    「彼は(どうとかこうとか)なんだろ?」

と聞いて来た。


私は今まで彼とHしてないと言って来た。

例え避妊ブツが見つかろうとそう言い張ってきた。

もしほんとのことを言ってしまったら、いざ離婚って時に

    「それならやっぱ慰謝料を!」

と言い兼ねないと思ったから。

旦那さんはそういう人。


でも昨日はほんとのことを言ってしまった。

もう嘘つくのが面倒だったし、旦那さんも彼女としたって言ってたし。

旦那さんは言うことがかなりコロコロ変わる。

だから念のために

    「彼女としたのは誘導尋問で、お前達はしたって言ったから

     慰謝料とるとかナシだよ!」

と言ったら

    「もうそんなこと言わねぇから!」

って。

一応信じましょ!




出発電話の時間がやってきました!

私は……


まだテンション下がったまんまだった。(ノ_ _)ノ

だから当然会話なんて浮かばない。


とりあえず、どれぐらい寝れたのか聞いて……

他は……(-.-;)

出発電話し始めるちょっと前に気付いたある出来事を

    「そういえばさぁ…」

と話しかけた。


このブログに設置したメールフォームからメールくださった方がいた。

それも設置してわりとすぐ…かな。

お2人もいたのに今頃気付いた!

申し訳ない思いでいっぱいで…。m(_ _)m

お1人は前に「メールしましたが…」と教えてくださって、もうすでにメール

してるからいいんだけど、それでも悪いと思いお詫びのメールをした。

もうお1人の方にはほんとに全く気付いてなくて……

ちょっと急ぎっぽかったから、なおさら申し訳なくて…。


その話を彼にしようと思ったんだけど、なんだかささっと話しちゃうのが

イヤだったから

    「教えてやんないよぉっ!!」

ともったいつけた。


結局少ししてから話したんだけど、

    「誰もメールなんてしてくんないと思ってたのに…

     設置してよかった♪
     
     うれしかった♪」

と話したことがきっかけで、ちょっとは機嫌直せた……ような気がした。


あっ、もう1つ話したな。

    「やっぱ出発1時はきついわ…。

        あなたもだろうけど私も…」
  
って。

    「夜の電話なくすって言ったらイヤ?

     他のこと(余分なこと)考えずに言って!」

って言ったら、彼らしい答えが返ってきた。

    「う~ん……そうなったら仕方ないな」

だって。

    「他のこと考えずにって言ったじゃん…」

    「やっぱなくなったら淋しいな…」


でもなんか素直に喜べなかったな。

言わせたみたいで…。


あっ、それで思い出した!

こんな話もしたったけ。

さっきの……メールくださって今まで気付いてなかったもう1人の方の

ブログの話。


ちらっと読んではいたんだけど、ここんとこあまりお邪魔してなくて…。

以前私がコメント入れたから、私のとこにも入れてくださった。

今まで2回かな。

でも、その両方にブログへのリンクがなかった。

その方の存在は例の大好きな管理人さんのブログで知ったんだけど、

そこにはリンクされてるのに私のとこにはリンクがなかったから、

なんだかお邪魔しちゃいけないような気がして……。

でも、せっかくメールいただいたしなってまたお邪魔した。

前は途中まで読んであったんだけど、全部読みたいなって思って

また最初から最後まで拝見した。


なんか……

すっごい共感したの。

オーバーかもしれないけど、私達と似てるなって思った。

管理人さんの心の起伏や、彼のかんじとか全てが。

    「あ~、ブログもっと早く全部読んでおけばよかった…

     メールももっと早くに気付いてあげられればよかった…」

って思った。


そんな話もした。



で、幼稚園の集まりに備えて寝た。


なんだかんだ言って、まあまあ話してるじゃん…Σ(゜Д゜lll)ギクッ!!




あれからずっと連絡はなく…

3時半頃

    「とりあえず…ごめんね。帰り…電話する気になったら電話ちょうだい」

とメールした。


すぐかかってきた。

ってことはもう帰りだったってこと。

やっぱり私がメールしなきゃやかけてこなかったんだ…。

そう思った瞬間、私自身の機嫌が直るのはまだまだ先だと思った。


電話はプリンセスがとり、そこから少しもれる声は楽しそうだった。

よく聞き取れるわけじゃないけど、かすかに聞こえる彼の声のかんじと

プリンセスのしゃべりを聞いていると、いつもまるで親子みたいだな…

と思う。

いつもちょっとうれしくなる。


プリンセスが「ママに変わるよぉ♪」と電話を渡してきた。

電話を受け取って間もなく、少し離れた場所からプリンセスが

    「ママを傷つけないでください」
と言った。

プリンセスはたまにこんな類のことを、まるで全部わかっているかのように

いいタイミングで言う。

まっ、この時は私の打ってる「ごめんねメール」を見ていたからかも

しれないけど。


私が「ほんとだよ!」と言うとプリンセスが

    「ねっ!ママ!」

だって!

普段はどうしようもないワガママ&ぐうたら姫だけど、こういう時は

「偉いっ!」と思う♪

ありがとうプリンセス♪


この時ティラノは……

今朝のプリンセスが起こしたアクシデントのおかけで早起きしたから……

昼寝してました。


プリンセスが彼と電話で話した時は、必ずティラノも起きてれば彼と

話すんだけどね。


ちょっと余談……


彼は父親のようにうちの子達にダメなことはダメだと教えてくれる。

すごくありがたい。

最近は全然だし、これから先もないかもしれないけど、まだよくお泊りに

来ていた頃は、私が食事の準備をしている間は子供達と遊んでくれてた。


ティラノはよくテーブルに乗っちゃうんだけど、前にそれを彼が

注意したことがあった。

それでもまだ乗る。(-.-;)

私も注意するんだけど、それでもたまに乗っちゃう。

そうするとプリンセスはティラノに注意するんだけど……

普通母親も言ってるんだから

    「ママに怒られるよ!」

って言うでしょ?

プリンセスはそういう違う!

彼に怒られるからって言うの。

するとティラノもささっとテーブルからおりたりする。

なんかすごい影響力なんだね。

それだけ子供達も好きなんだろうな。

旦那さんも助かると言ってくれてる。

私からすると2人ともありがたい。

子供達に注意してくれる彼も、彼に対してありがたいと言ってくれる

旦那さん両方。



2人ともありがとう!



でも、この後の帰り道電話の続きには……

「ありがとう」なんて言ってられないのだぁっ!!!!




そもそも誰が「婚姻届」なるものを作ったのだろう。

確かにいい制度かもしれない。

配偶者と共に歩んで行くんですよ!と約束させることが

できるんだから。

でも、どこでどんな出会いがあるかわかんないのに、そんな無謀な

約束を赤の他人に約束させられるのもどうなんだろ…。

世界中の人全てと出会ってみて1人の人に決めたのに…

なんてことならまた話は別。

でも、そんなことできる人なんていないよね。



よくある芸能人の離婚だの再婚だのという話。

あれがこの制度の疑問を物語ってるんじゃないかな。

芸能人ってきっと出会いが多いよね。

だから、結婚してるのに違う人と仕事したら惹かれちゃった!

こっちの方が私と合ってた!

みたいになっちゃうんだよね、きっと。

まっ、ちゃんと別れてから知り合ったのか、不倫してたのか、

それは私達にはわからないけどね。



独身時代の私……

他にいい人がいたら、絶対ちゃんと別れてから次の人と付き合ってた。

だから、テレビなんかで不倫話みたいなのをやってると

    「なんであんなめんどくさいことするんだろ…」

なんて思ってた。

自分には絶対関係ないって。

でも、その私自身が今進行形でそのめんどくさいことをしてる。

することになってしまった。

それは……

お互い既婚者だったから。

それも、今までの考え方がウソだったかのように、急激に惹かれて

しまったから。

こうなって初めて不倫する人達のことがよくわかった。


私はあんまり先入観とか偏見とかもたない方だけど、

これだけは別だった。

でも、彼との出会いで思った。

    人間完璧じゃない。

    考え方や気持ちとかが変わることもある。

    そして、世の中にはいろんな人がいる。

    自分の人生どうなるかも、自分ですらわからない。

    だから、どんな人でも平等に。

と。

あっ、一般常識的なことは別かな。

例えばうちの近所の子…

おやつの時間ぐらいに来る子はたいていみんなおやつを持参して

来てくれる。

でもその子は今まで1回も持ってきたことがない。

どうなってるんだろ、ここの親は…

といつも思う。

うちだって家計苦しいのに、おやつジャカスカ食べるその子の分まで

毎日出すのは無理。


そんな感じ。

なんじゃそりゃってかんじですね。

うまい例えがみつからなくて…すんません。


まっ、とにかく…


管理人さんも、まさか自分が不倫するなんて思ってなかっただろうと

思う。

「次の彼氏は既婚者!」なんて決めてたなんてこともないと思う。

でも、もし彼が独身だったら、私も管理人さんもただの恋愛。

だからって、悩んだり苦しんだりしないわけじゃないよね。

なのに、不倫というときついコメントが来たりする。

そういう人達は、ただの恋愛してる人達にもきつく言ったりするのかな。

不倫だからじゃないのかな…。



みんななりたくてなったわけじゃない。

ほんとに順序が違っただけなの。

私だって、できることなら彼と順序良く出会って、順序良く結婚して

順序良く一番愛した人の子供を産みたかった。

それをどうにかわかってもらいたいってのは……

人間十人十色、千差万別だか無理なのかな…。

あっ、今の私の子供達は、相手がどうであれもちろん大事ですよ!

その点はお間違いなく!

もちろん過去に何かしらの苦い思いをした方もたくさんいると思う。

その経験から…という方もいるかも。

よくわかんなくなっちゃった……(ノ_ _)ノ



私はもうすぐ離婚する。

でも、彼は家庭事情で絶対奥さんとは離婚できない。

それ以前に、付き合い始めた時

    お互いの家庭は壊さないようにしよう

と決めてやってきた。

だから彼は私よりも子供第一だった。

私と約束していて、私がその場所に向かっているのがわかってても

引き返して帰るような人。

まっ、それはいいとして…

でも、やり方がヘタクソだったのか、結果としてうちは離婚するんだけど。

まっ、彼と出会う前から離婚話は何回も出てたから、うちの場合は

いいきっかけだったのかもしれないけど。

現に今旦那さんとは仲いいし!

お友達だといいみたい。

旦那さんも告白してくれた彼女とならケンカにもならないみたいだし。



あっ……

たまに「セックスレスから浮気心が!」なんて方も見かける。

それに関しては「不倫するぞ!」みたいに感じて、正直う~ん…と

うなってしまうけど。



とにかく……

私はここんとこ管理人さんのブログに何度もコメントしようとした。

非難の方たちに反論したくて。

でも、管理人さんのブログで揉め事になってしまっては、

管理人さんの心にまた余計な痛い思いを増やしてしまう。

それで、ちょっとここで吐き出そうと思った。

自分の考え方もついでに。


もしどの管理人さんかピンと来た方。

管理人さんは最近「非難・中傷の方はスルーしてください」

とブログに書きました。

そのことにまで非難している人がいた。

管理人さんがそう書いてたっていいじゃない!

それぐらいきついんだよ、きっと。

自分のブログだから、何したっていいじゃん。

もちろんコメントだって自由。

でも、もう少しやんわりと言ってあげてほしい。

それじゃあ意味がないのかもしれない。

親身になってしまったからこそきつくなってしまったのかもしれない。

でも、管理人さん自体がああ付け足したんだから、きつく言いたくなって

しまうなら、文字通りスルーして読まないであげてほしい。


これ以上つらくさせないであげて欲しい。



長々書きましたが、なんだかちっともわかりませんね。(-.-;)

まっ、私はこんな人間だということでご勘弁♪(ノ_ _)ノ




たまに登場する「私の大好きな管理人さん」


その方は少し前に、彼との別れを決めた。

でもやっぱり彼が好きで…。

ブログにはいろんなコメントがあった。

でも…

最近は管理人さんの彼を非難するコメントがほとんど。


みなさんそれなりに管理人さんのことを思ってコメントしているんだと思う。


確かにその管理人さんのブログを読んでいると

    「結局どうしたいんだろ…」

と疑問に思うことがよくある。

でも私はブログの一読者として、その時その時の管理人さんを

応援したいと思っている。

もちろんちょっときつめのコメントをしてしまうこともある。

でも、私が基本としているのは、攻撃ではなく、言っていることと

行動がともなってない時や、彼をこう思うと書かれている時に

「ちょっと違うんじゃないかな」なんて思ったりして「こうだからじゃない

ですか?」と言ったりするようにしてる。


わかりにくいかな…?


悩んでる人を余計に悩ませたくない。

へこんでいる人が今以上へこむようなことをしたくない。

だからって、必ず管理人さんの立場に立った意見ばかりを

言うわけじゃない。

彼がかわいそうだと思えばそう言うし、彼の言ったことに対して

管理人さんが悪く思っていて、それは管理人さんの言動がそうさせて

いるんじゃないかと思えばそう言う。


今その管理人さんはたぶん揺れていて、悩んでもいる。

それは、恋愛だけじゃなくいろんなことに。

私はちょっとしたきっかけでいろいろ知ることになったけど、他の人は

たぶんブログに書いてあることしか知らないと思う。


管理人さんは今、ブログにすら自分の気持ちとかを書けなくなって

しまってる。

私なら負けじと書いちゃうな…と思うけど、彼女はとても繊細な人。

そしてとても優しい。

ひょっとしたら思いつめちゃうタイプかも。

そこはちゃんとはわからないけど。


でも、そういうのって、ブログの読み手にもある程度は伝わるんじゃ

ないかと思う。

だからって、ブログを公開している限りは、ほんとは何を言われても

仕方ないし、読み手も人間なんだから、それぞれいろんなことを思い、

感じコメントをする。

そのコメントに対してのとり方もまたいろいろあると思う。

悲観的にとったり、深刻にとったり、参考までにきいておこうにぐらいに

とどめておいたり。


あとはコメントの量かな。

私のブログは幸い(?)そんなにコメントがないから救われているような

ものの、私のブログだって、誰かが何かを思いつつ読んでいるかも

しれない。

私にだっていずれ何かしらのきついコメントが来るかもしれない。


でも、ちょっと思ったけど、さっきの読み手にも伝わるって話……


きつめに言われちゃう人とそうじゃない人にも分かれるのかなって

思った。


たまに他の方のブログに

    「誹謗・中傷をする方、理解ができない方はスルーして

     ください」

と書いてあるのを見かける。

私はその管理人さんとちょっと語ったことがあるんだけど、その時に

こう話した。

    「私だって不倫をいいこととは思ってないけど、私と彼は何でも

     話して夫婦みたいになって、かけがえのない存在。

     それが読み手の方に伝わっているといいなと思って書いてる。

     私は「誹謗・中傷の方はスルーしてください」とは書きたくない。

     人間みんな完璧なんかじゃないし、自分の人生を決められた

     順序通りになるかどうかなんてわからない。

     それをわかってもらいたいから。」


確かに誹謗・中傷コメントが来たらドキッ!とすると思う。

でも、私は来たなら来たでいいと思ってる。

少し前にメールフォームを設置したんだけど、その注意書きにも

    「誹謗。中傷目的の方には内容によってはお返事しないかも」

みたいに書いた。

もしそんなメールが来たとしても、私は返事しようかと思ってる。

「なんて返事したらいいんだろ…」みたいなのは除いて。

こんなことを言うと「不倫を推奨している」ととる方もいるかもしれない。

そうではない。

いいことだとは思ってない。

でも「何が悪い!」と思うところもなくはない。

でも、そう思ってること自体もよくないとも思う。



結局昼間もメールなし!

まっ、今日は仕方ない。

休みだからね。

じゃあ、荷物夜積むのかぁ。
早く終わらせて来てくんないかなぁ。

あっ、期待しちゃいけませんね。


まったく昨日は………


って、昨日ほど腹立ってない。

でもまだなんとな~~~くモヤモヤ…。


でも、何か言っちゃうほどでもないから、言い合いしなくてすむかも…。


そういえば……

彼明日……

前の会社の送別会だっけ。

その話聞いた時……

彼が前の会社でみんなにどんなに慕われてたかがよくわかった。
来てくれる人もかなり多いらしいんだ!
そういうのってなんかいいよねぇ!
仕事できる男ってかんじでさっ!

また好き度UP♪


6時半から。

彼そんなにお酒強くないから、ひどく遅くまでは飲まないよね…。


早めに終わったら……


ちょっと寄ってくれたりして……。


んなわけないか!

そこらの彼とは違って頭からっぽだから……

期待しちゃいけなよなぁ……(-.-;)


1時すぎから恒例の夜の「出発電話」


最近重い話ばっかだったから…

「こういう時は普通来るんだよ!」

と言っておきましたが…
今後何かに影響があるでしょうかぁ?


話しててふっと思った。

「夫婦みたい」って。

お互い子供達や家庭の話をよくするから。

私は…
うちの子供達の話をいろいろする。
家庭訪問でこんな話したとか、今日は誰が遊びに来たとか…。
彼は…
家の食事のことやら子供の話やら…。
だから、私達はほとんど何でも知ってると思う。

でも他の人達は、相手の状況とかいろいろ知らない人が多いみたい。


私はお互いの状況なんかも知っておいた方がいいと思ってる。
たぶん彼も。

私も他の人同様悩むけど、そういうことに関しては他の人みたいに
嫉妬したりってのがそんなにないからかな。
奥さんを羨ましいと思うことはあるけどね。


そう考えたら、他の人の方が大変なのかもね。

今日は夕方も電話♪

「子供達がお友達のとこに遊びに行っちゃったら雷が鳴り出してこわい」
ってメールしたから。
私は雷が大っ嫌い!こわくてこわくて仕方ない!!
電話してくんなかったら1人で死んでたよぉっ!


話の途中で彼の返事がワンテンポ遅れた。
あくびしてたな!ってすぐわかったけど、彼

    「わかったぁ?」

って。

    「もう8年も付き合ってるからね!」

なんて言ってみた。←わけわかんなくてさむっ!!
なんで8年なんて言ったんだろ。←適当

でも、言って思った。
なんだかもうすごく長く付き合ってる感じがするなって。

私は今まで男の人がこわかった。
普段はいいのに、怒ったり機嫌が悪い時極端な人を見てきたから。
だからいつもどこかで「いつ怒り出すだろ…」と気が気じゃなかった。
でも、私の負けず嫌いと気の強さが、勝手に平気なフリをさせていた。

でも……
彼にはいつも素でいられる。
私が初めていつもリラックスしていられる人。
彼もそのはず。

こんな気楽な関係はない。

今まで感情を出さずにきた=だせなかった(?)という彼と、
バカみたいな話や寒~いことを言い合って、バカみたいに笑い合える。
好き勝手な言い方で好き勝手に暴言まがいのことを言い合ったりする。

まるで「夫婦漫才」

朝も夕方もそうだった。
そして思った。

そういうとこももちろんだけど……
こうやって前よりも電話してくれると、たくさん笑いあえて、
自然に安心していられる感じ。
これならしばらく会えなくても我慢できるかなって。


でも……

私もいつまでも「無職」じゃいられない。
今は母からの援助に感謝だけど、それも母の提案で下の子が小学校に
入るまであと2年間の約束。
だからって、2年間も頼ってるわけにはいかない。

子供達のことを考えて、アクセサリーやアフィリエイトで稼ぎたいん
だけど、それもなかなか実にならない。
やっと下も幼稚園に入ったから、行ってる時間だけでも近々仕事に
出たいとは思っている。

私が仕事を始めたら、ますます連絡できなくなる。
だからこんなふうに

    「会えなくても我慢できる」

なんて思えるのも今のうちなんだろうな…。


私は彼の家族に嫉妬の嵐が渦巻くようなことはない。
奥さんは彼と一緒に過ごせて、顔が見れていいな…と思うぐらいで、
かえって「何にでも気配りの足りない彼」の手助けをしてあげたいと
思っている。
しているつもり。

彼が家族に対して言ったことやしたことに「何やってんの!」と反論したり、
妻の奥さんがやるべきことを彼がしようとしたりしてると
「それぐらいやってもらえば?妻の仕事でしょ」なんて言ったりする。

私は自分のこういうとこが自分でもわからない。

    彼の家族への配慮不足が気になるのか…
    夫を浮気相手と別れさせた(つもりの)奥さんが、自分のもとに
    戻った    夫に対して妻としてやるべきことのツメが甘いと
    感じるからか…
    元に戻ったはずの夫婦両方の気遣いが足りないのが
    気になるのか…

こんな時の彼……
最初は「うんうん」と聞いてる。
でも、そのうち無言になってくる。
そんな時はたいてい「うるさいなぁ」と思っている。

私は正直

    「ありがたいと思えよ」

と思う。
相手の家庭がうまく行くように願って助言する浮気相手なんて
そういないんじゃない?
そう言ったら「そうだな」なんて言ってたけど、お決まりのお返事だから
どうだか…。

でも…
私がおかしいの?

私の考えは……

彼の家庭が健やかであってこそ私達があると思うの。
考えようによっては損かもね。

    相手の家庭をうまくいかせたら、自分が用済みになっちゃうかも

みたいな。
でも私はそう思わない。

あっ、今初めて思った。

    「あなたの家庭心配して偉いでしょ。愛おしいでしょ」

みたいに思われたい自分がいるかも。

でも、彼の家庭が健やかであってほしい。
諸事情でタダでも大変な奥さんにこれ以上大変な思いさせたくないから、
その為に彼には家庭にだけ戻ったかのように頑張って奥さんを安心
させてあげてほしい。
ほんとにそう思ってるのは確かなんだ。


私はそんなとこも含めて、いつも彼のこと、彼に関わる全てのことを
考えてる。


変かな…?



これで本日の締め……予定。
最近1日に書く量多いな……
しゃべりまくり=年とった証拠?

ヤダヤダ。
気をつけよっ。




彼が転職して1人での仕事が始まって今日で3日目。

新しい会社は、出発がだいたい夜中の1時すぎ。
だから、転職前みたいに早くからは電話できない。
出発するまでは家にいるから。

昼間も前と変わらずあんまりメールしない。
だから私は必然的に「早く寝ちゃってはもったいない!」と思っている。
前はたまに居眠りのはずが気付いたら朝・・・なんて時があったけど、
今そんなことしたら、せっかくの連絡timeが次の日まで延期になるから、
そんなことしてられない。

前から夜は長電話が日課になっていたから夜更かししてたけど、
今年うちの上の子が小学校に入ったことにより起きる時間が1時間
早くなったから、今年度に入ってからはめっきり体がついていかない。
1時間の力ってすごいんだねぇ。

だからって、彼が出発するまで起きてて、出発した途端「じゃあ寝ます」
じゃなんだかねぇ・・・。

今日は昼間少しメールした。
私はすごく眠かった。

    「連絡できる時間(昼も含めて)と寝る時間両方が足りなくて
     きつい」

と言ったからか、電話の合図が来た。

でも、これからどうしよ・・・。
そうそう無理ばかりはしてられない。
ずっと彼中心でやってきたんだから、これからは2日に1回早く寝る?
それとも、毎日早く寝ちゃって彼に淋しいと思わせるのも手かぁ?
毎日早く寝るということは、ろくに連絡できないということ。
それはやっぱり私が無理・・・。

どうしたらいいものか・・・。
こうなると、やっぱりちょっと転職を責めたくなる。
私のことも考えてるって言ってくれたのにこの結果。
まっ、私が何言っても変わらなかっただろうから、いまさら言っても
仕方ないけどね。

今日は彼から1回もメールなしっ!!
ということは・・・

明日の(あっ、もう今日か)昼間は会えないのかぁ・・・
私が「6日はいいよ!」なんて言っちゃったんだよなぁ・・・


でも、また親にはバイト行くって言ってあるから・・・・・・・・・・・・・・


明日は家に帰ってメール来るの待機してよっと!

あっ、でも夜来てくれるつもりだったらどうしよ・・・
家まで帰るのもったいないなぁ。

う~ん、どうしたものか・・・。

その前に・・・・

仕事なのにメール来なかったら・・・どうしよっ・・・。


死ぬぅっ!!!!

またブログを読み返してみた。
情緒不安定から抜け出したくて、解決の糸を探す為に。


少し前に私は彼のいいところを「かろうじて」見つけ、彼でよかったと
思っていた。
そして【太陽】と【海と太陽】という前向きな詩を作った。

【太陽】は・・・・・これから明るい私でいられそうだから、あなたもそれを
感じてね♪
【海と太陽】は・・・・・私があなたを明るく照らすことによりあなたも明るく
暖かくいられるよ♪

という思いで作った。

彼の転職の時が実際に来てからの私は、これから先の不安だけで
いっぱいいっぱいになっていた。
そして、彼が発してくれた「喜ぶべき言葉」さえも勝手にさえぎっていた。

昨日言ってくれた

    連休中できたら連絡するから

という言葉もそう。

ほんとは素直に

    ほんとぉ?わぁいっ!! してほしいけど、無理せずできたらね♪

みたいに返事をすればよかっただけ。
それがほんとは私らしい答え方のはず。

でも、不安な女はかわいくないもので、変に強がったことを言って
しまったり、わざわざ突き放すようなことを言ってしまう。

さっきの2つの詩を書いた時は前向きになれた。
ちょっと策略的な言い方になっちゃうけど、その方がけなげに
なれるって気づいたから。
けなげな女ほどかわいいものはない。

8ヶ月前の私は、たぶんけなげ(気味)だった。
だから彼は、もうできないと言ったのにお泊りに来てくれた。
そしてそれは、自分のことを頑固に通す彼でも変わることがあるという
証拠。
それならこれからだってどうなるかわかんない。

それを忘れていたことに気づいた。

でも、

    また変わるって期待しちゃっていいんだね!

という自分と

    いやいや!期待しちゃダメ!少しもダメだよ!!

という2人の自分が葛藤してる。

でも、ちょっとは期待できることがないと、やっぱり前向きになんて
なれないよ・・・。


私の大好きな管理人さんが、またコメントをくれた。
その中にはいろんな共通の思いがあった。

    彼は安心していられるから、、気持ちが不安定になることも
    自分の半分以下じゃないか。
    彼は私と同じくらい苦しんでくれていないはず・・・

と。

いろんな方のブログを拝見すれば、もちろんいろんな方がいる。
ほぼ毎日会えてるという恵まれた方も。
そんな方々でも、私達のように不安になったりするのかしら。
苦しいと思ったりするのかしら。

苦しいと思うことはあるかもしれない。
普通の恋愛じゃないんだから。
でも、不安にはたぶんならないと思う。
なったとしても、私達「待たされるだけ派」よりは断然軽いんじゃ
ないかな。

今日いろいろ考えて思った。
昨日も書いたけど、やっぱり会えてなんぼだって。
どれだけ会えるか、どれだけ会ってくれるかがやっぱり一番重要なんじゃ
ないかと。
会える率=不安にならない率
待たされる率=不安になる率
なんじゃないかな。

こんな私でも、もっと会いに来てくれたら不安は減ると思う。
現に別れ話以前はこんなに不安じゃなかったし。

別れ話以前、お泊りは週に1回はほぼあった。
仕事の都合や家族との都合さえなければ。
家族の都合でお泊りや会えるチャンスがなくなった時はちょっと文句
いっちゃったりしてたけど、不安とかじゃなくただの文句。
こんなに不安じゃなかった。

別れ話のあった去年から8ヶ月。
徐々に不安は増えていき、そして今回の転職でピークに達している。

ますます会えなくなるのが目に見えてる・・・。


私どうなっちゃうんだろ・・・。


あれから・・・
彼から電話の合図があった。

いつもならすぐにかける私。
でもあの時は、すぐにはかけたくなかった。

1回目の合図・・・
何となくめんどくさかった。

2回目・・・・
どうしよっかな・・・・
もう1回あったらかけよう

3回目・・・・・があったかどうか忘れちゃった♪

で、メールが来た。

    もう着いちゃうよ~

って。
その一言に「今かけておかなきゃ次はいつだかわかんない」という
危機感を感じてすぐにかけた。

でも、よく考えたら、電話の合図はわりと立て続けにあった。
なのにもう着いちゃうってことは、家を出てすぐにかけてくれたわけじゃ
ないんだ。
そう考えて、話していてもなんだかどうでもいいかんじになってしまった。
声のトーンも下がりまくり。
愛想もない。
そんな味もそっけもない電話をしていると、彼は目的地に到着した。
私は特別そっけなく

    じゃあ行ってらっしゃい

と言い電話を切った。

どうでもいいような・・・・
なんとも言えない気分になった。

このまま嫌いになれるかも・・・
という思いが一瞬だけ頭をよぎった。
一瞬だけ・・・

何か会話らしい会話をしたかもしれないけれど、何一つ覚えていない。
まるで頭から排除したかのように。

私まだ彼のことほんとに好きなのかな・・・
いなくなった後の自分が怖いだけかな・・・
でもそれって・・・・・


彼が好きだから怖いんだよね・・・

☆‐(●≧▽)人(▽≦●)‐☆
コメント大歓迎!
お気軽にどうぞ♪
リンク希望などもお気軽にっ!
メールもお気軽にっ!
カウンター





彼と出会って 日目っ♪
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
☆コメント感謝です☆                            返信させていただいたコメントには             アイコンがついてます。
[06/14 キャバクラ求人アルバイト大阪京都神戸bsl]
[01/01 セフレ]
[06/15 あー太]
[06/07 優]
[06/07 聖子]
[06/06 NONAME]
[06/06 443]
[06/05 443]
[06/04 443]
[06/03 あゆみ]
バーコード
アクセス解析
クリック募金お願いします♪
クリックだけで募金できる!
あなたに代わってスポンサーが寄付してくれますので、自己負担なし!お気軽にどうぞ♪





プロフィール
HN:
管理人★ゆきっち
性別:
女性
職業:
離婚予定主婦
趣味:
彼!!!!付属でヘンプアクセ・    ホームページ作り
自己紹介:
絶対金持ちになってやる!という野望を持った2児の母!
・・・・ 登場人物 ・・・・
【ゆきっち】
このブログの管理人
もともとポジティブで気が強く、
思考回路がちょっと凡人とずれてる女

【彼】
4つ年上の色気たっぷりな人♪
自分は一生トラック系の仕事しかできないと思っている、 同じく思考回路がちょっとずれてる人

【奥さん】
その名の通り彼の奥様
彼と同じ年のけなげな頑張り屋
ゆきっちが尊敬している反面疑問に思うところもある女性

【プリンセス】
彼大好きな小学生で、とても感受性豊かな女の子

【ティラノ】
同じく彼大好きな、怒りんぼの幼稚園児

【旦那さん】
文字通りゆきっちの旦那さん
近々他人になる予定
新たな彼女との愛を育み中

Copyright © You&Own。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By SweetTime / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]